2017年4月24日月曜日

消費者庁「倫理的消費」調査研究会のとりまとめが公表されました

 消費者庁のページへ
今回公表された消費者庁「倫理的消費」調査研究会とりまとめ概要

先週4月19日に消費者庁「倫理的消費」調査研究会 取りまとめについて、が公表されました。*画像は概要。画像をクリックして消費者庁の公表ページへ

その中で今後倫理的消費を推進していく上で、「エコマーク」「国際フェアトレード認証ラベル」「オーガニック認証」「FSC森林認証」に関して「ポータルサイト等を通じた情報提供(認証ラベル等の情報の集約・提供)」を推進していくことが明記されました。
*本文25ページに記載

以下、消費者庁のプレスリリース

「倫理的消費」調査研究会の取りまとめを作成しましたので公表します。より良い社会の実現に向けて、人や社会・環境に配慮した消費行動(倫理的消費)への関心が高まっていることを踏まえ、消費者庁において「倫理的消費」調査研究会を平成27 年5月から開催し、倫理的消費の内容やその必要性等について検討し、国民の理解を広め、日常生活での浸透を深めるためにどのような取組が必要なのかについて議論をしました。本取りまとめは、2年間にわたり本研究会で行われた議論の内容を整理したものです。倫理的消費は「あなたの消費が世界の未来を変える」という大きな可能性を秘めているという意識の下、広く国民間での理解とその先の行動を呼び掛けていきます。

2017年4月21日金曜日

東京2020大会の調達コードが発表されました


昨日オリンピック・パラリンピック東京大会の「持続可能性に配慮した農産物の調達基準」が発表されました。いわゆる「調達コード」と言われるもので調達におけるミニマム(あくまで最低限の)ルールとして遵守していくものになります。

今回は2016年1月に発表された「基本原則」をより具体的に落とし込んだものとなりました。特に海外産のものは「フェアトレードの取り組みによるもの」という文言も明記され、海外サプライチェーンにおける「トレーサビリティ」を重視することが再度確認されました。

2017年4月7日金曜日

グリーンオーシャン大賞が発表されました


 ソーシャルイノベーションマガジン「alterna(オルタナ)」創刊10周年記念として「グリーン・オーシャン大賞」が発表されました。
社会課題起点のビジネスを創出している企業が選ばれました。フェアトレードコットンイニシアティブの活動も高く評価され、中堅・中小企業部門の銅賞を受賞しました。